クラシアンが教える事務所の水回りの要チェックポイント

事務所の水回り施設を挙げれば、トイレや小規模な厨房的施設など、一般的な商工業施設と比較して自ずと限られますが、トラブルのリスクに関しては「同じ」である点を正しく踏まえる必要性があります。

蛇口のパッキンの消耗劣化による水漏れ兆候、排水管内の異物堆積によるダメージ、トイレ内の各設備や部品の経年劣化など、事務所だから他の施設より長持ちするという保証はありません。何より飲食店などの施設管理者と比較した際、いわゆる危機管理面への意識が薄い傾向が否めず、クラシアンはこうした点も要チェックポイントと捉え、クラシアンならではの関連知識の発信と伝達に余念がありません。

事務所内に限らず全ての水回り施設のトラブルは、定期的な点検作業を通じてのリスクマネジメントが欠かせません。出張、点検、見積り提示まで、基本無料のクラシアンだからこそ、まだ何も不具合が生じていない段階でのご相談に躊躇う必要はありません。点検作業からのご提案に同意、ご納得いただけない場合、その時点でクラシアンの役割は一旦終了です。それでも事務所の皆様にご理解いただける現状説明を通じ、結果として殆どの事務所の方々から着手指示をいただき、クラシアンだからこそ出来る確実な作業で信頼を築き続けているからこそ、多くの方々からの感謝と推薦の声が集い続けているのです。